Faber-Castell

伯爵コレクション


私とファーバーカステルとの出会いは、モンブランに勤務していた時だったか、フルハルターを開業してからか、時期は定かでない。 
何の用事だったかも記憶に残っていないが、銀座 伊東屋の万年筆売り場で、売り場の人と話をしたり、何となく製品を見たりとぶらぶらしていた時に、私の目に飛び込んできたものがあった。 
そして、そいつらは私の目をくぎ付けにし、そいつらから目を離すことを許さなかった。
それ程一瞬の内に、私の心を捉えてしまったのが、このファーバーカステルのパーフェクトペンシルの気品に満ち満ちた姿、形であった。

こだわりが強い物好きの皆さんに、賛同してもらえるのではないかと思う。
伯爵コレクションのスターリングシルバーが、総合カタログで紹介された時は、自分の万年筆として手に入れたいという、大きな衝動にかられたが、ちょっと手が届かない価格ゆえ、まだ私のものにはなっていない。

万年筆は使うことによってペン先(ニブポイント)が使い手の角度に馴染み、徐々に滑らかになってくる。
ペン芯も使うことによりインクの供給量が増え、ともに熟成してくる。
そういう道具なので、軸も熟成してくれるものであれば理想的だと、私は思っている。

伯爵コレクションのスターリングシルバー、ペルナンブコ、エボニー、これらはいずれも熟成する素材だと私は思う。 
ペルナンブコのシャープペンシルを、数年使っている人のを見せてもらったことがあったが、新しいものと比較にならない程「深いツヤ」があり、何とも言えない「味わい」であった。 
使ってどんどん良くなる「味わい」のでるもの、いいですよね。
私の個人的な見解としては、この伯爵コレクションの万年筆は、太さ、長さ、重さから使う時は、キャップをつけずに使える人に向いていると思っている。



Graf von Faber-Castell

Perfect Pencil

プラチナコーティング <ブラウン・ブラック・ライトグレー>

プラチナコーティング ブラウン




ずっと以前にはプラチナコーティングではなく、シルバーコーティングだった。そのシルバーコーティングのブラックと並べて。




価格: 30,000円+税



スターリングシルバー <ブラウン>

価格: 50,000円+税



Classic Collection <伯爵コレクション>

プラチナコーティング <ペルナンブコ・エボニー・グラナディラ>

プラチナコーティング ペルナンブコ




ずっと以前にはプラチナコーティングではなく、シルバーコーティングだった。そのシルバーコーティングのエボニー。




その2本を並べて。




これらの木軸は使用してゆくと熟成する。 ペルナンブコの熟成画像。




価格: 80,000円+税



スターリングシルバー 










価格: 130,000円+税



Intuition Platino Wood

プラチナコーティング <エボニー・グラナディラ>

注:画像はありませんが、撮影出来次第アップします。
価格: 100,000円+税



熟成について(2004-11-26)
PERNAMBUCO