PILOT


カスタム 823 プランジャー

カスタム823プランジャー

このモデルは、2013年10月に販売を停止し、 2014年11月に再開したのですが、残念ながら私の今の手の状況から考え、勝手ながら再び停止させていただくこととしました。(2016年3月)

パイロットのメインの万年筆は「カスタム」であろう。
カスタムには価格の安い方から 74・742・743・エクストラスムーズ・823・845のラインナップ。
823は、吸入式で、それも主流のピストン式ではなく、戦前の復活としてプランジャー式。
国産の唯一の吸入万年筆。

フルハルターは、北海道から九州、沖縄のお客様までご来店いただいているのだが、多くの方々はアナログ筆記具…万年筆の中のアナログ…「吸入式」を求めておられる。
私自身がまたアナログ。
カートリッジ式に興味を持てない。
吸入式は、インクを吸入する度に万年筆をクリーニングしているという、「理に叶った」万年筆なのである。

いつ頃だったか定かではないが、時々いらしてくださっていたパイロットの課長に、
「あの823凄くいいと思うんだけれど、コースといういいペン先があるのに、Bまでしか造られていないんだよね。」と、折りに触れて申し上げていた。

2004年後半にその課長から
「森山さん、前から要望されていた823にコース付けられるようになりましたよ。同じペン先を使っている743に新たにコースが造られることになったんですよ。通常の販売にはならないんですけど、多量にオーダーしてくれたら823にコースをつけることが可能になりましたよ。ただ、フルハルターオリジナルということではないんですけど。」

そんな経緯で2004年暮れから“パイロット823プランジャーコース”の販売が始まった。
価格は、30,000円+税
これは私が海外製品の同程度と思っている製品に比べれば大雑把であるが、半額。
何を持って半額と判断するかはそれぞれで、難しいことであるが。

この823の特徴を私なりの感覚で申し上げると
1.太字用としてのバランスが合う。
2.ペン先の腰に柔らかさがある。
3.コースの太さは、ペリカンM800 3Bよりも少し太く仕上げることが可能である。
4.使い易さはピストン吸入式だと思うが、このプランジャー方式も823だけなので面白さがある。

2004年暮れからはコースからどのペン先の太さも研ぎ出し調整で販売してきたが、2009年4月からはコースの太さのみで、使う方に合わせ研ぎ出し調整し、販売することにした。
では、私が好きな茶色から




パイロット カスタム 823 プランジャーコース全体像


パイロット カスタム 823 プランジャーコース全体像



販売している色は茶を含め3色、黒、無色透明の三種を








プランジャー823仕様

太さ: キャップ  リング部…15.7mm/樹脂部…15.2mm  胴軸 …12.6mm
長さ: 収納時 148.2mm  筆記時 164mm
重さ: 28.7g
吸入量: 1.5cc (パイロット社公式見解)  胴軸最後部の金輪から 2.5cmまでの吸入が目処。
※ 私の個人的見解は、1.5ccから2ccを超える位にインクを吸入してくれると思っています。
  買われた人は、ご自身で確かめてみてはいかがでしょうか。

ペン先コース

純度: 14金
大きさ: 15号
柔らかさ: 柔らかい(お勧めしている今のペリカンM800よりもかなり柔らかい。)
太さ: ペリカンM800 3B 森山モデルを基準にすると、4B程度。
* 価格: 30,000円 (本体価格)


823カスタム